徳島 スケートボード販売・通販 輪生む -waum-

太郎

2012/06/8

太郎といえば、僕の中では、濱田 太郎です。

しかし、今回は、故 岡本 太郎氏の作品を10年大阪にいて初めて、見て来ました。

そもそも、故 岡本 太郎氏を知ったのは、香川県にいた時にルームシェアしていた

大阪出身のまっちゃんと20世紀少年からの流れなのですが

この話は、またおいおい。

想像を絶する、大きさでした(嫁と激上がり)。

感じたのは、正面は日本を意識したのか、白に赤の模様。

赤の模様にしたのは、民族として誇りとして入れたかったのかどうか!?

ゴールドの面は、光を発し、ここにいると言うアピールなのか!?

背中には、闇の部分を感じました。

注:ローカルショップの人曰く、地下?中?には、耐震工事の為、2015年

まで、入れないとの事でした。

それでも、凄い物を創作していました。ありがとうございました。

良いですね〜。

日々過ぎる日常の中で、『ぽーーーーん』

って感じで、弾けていました。

日常滑るなのですが、欲が上回り過ぎて、滑るっと言う内容が

もっと、もっと、っと成長し過ぎていました。

復習〜意欲・成長・開拓の流れの渦に自然と引き込まれました。

そんなこんなで、やらねば…。

昨日は、昼、一人ハービス(途中一人出会う)〜流れで、TBPR 伸平・梅と共に

念願のPLAYランプにも行けました。

ありがとう。

木曜会より更に良い刺激を頂きました。

本で輪生むTEE+彼は何処へ。

お待ちしております。

2012/06/8 | posted by 花太郎 | 日々

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。